映画「窓ぎわのトットちゃん」どこで見れる?動画を無料視聴できるサブスク配信まとめ

このページには広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品/サービスを購入・登録することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

映画「窓ぎわのトットちゃん」は「黒柳徹子」さんの幼少期を映画化した作品です。原作は世界35ヶ国語に翻訳されるほどの大ベストセラーで映画化が待ち望まれていた作品でした。

「映画「窓ぎわのトットちゃん」が無料視聴できる動画配信サービスが知りたい」

と悩んでいませんか。

本ページでは、どこで動画が視聴できるのか、無料視聴できる方法、サブスク配信サービスをまとめてみました。

公開日2023年12月8日
脚本八鍬新之介
鈴木洋介
原作黒柳徹子
監督八鍬新之介
出演大野りりあな
小栗旬

滝沢カレン
役所広司
主題歌あいみょん:あのね
この記事でわかること
  • 動画を視聴できるサブスク配信サービス
  • 無料視聴方法
  • あらすじ・感想

 映画「窓ぎわのトットちゃん」は、U-NEXTの無料トライアルで視聴できる

U-NEXT』では映画「窓ぎわのトットちゃん」が1話につきレンタル550円で視聴できますが、初回登録時に600円分プレゼントされるので、実質1話無料で視聴できます。

※今すぐ視聴したい方はこちら※

本ページの情報は2024年6月28日時点のものです。

最新の配信状況は各動画配信サイトの公式ホームページにてご確認ください。

目次 閉じる

映画「窓ぎわのトットちゃん」のあらすじ

引用U-NEXT公式サイト

落ち着きがないことが理由で小学校を退学になってしまったトットちゃんは、新しくトモエ学園に通うことになった。

そこで恩師となる小林先生との出会いをきっかけに、彼女はすべてが初めてだらけの日々のなかでのびのびと楽しく成長していく。

U-NEXT公式サイト

「窓際のトットちゃん」は「黒柳徹子」さんの幼少期の体験を元に書かれた小説が原作の映画なの。

「黒柳徹子」さんって本を書かれていたんだ!知らなかった!

「黒柳徹子」さんは幼少期は落ち着きがなく先生たちから煙たがられるような子供でした。そして、あまりに周りに迷惑をかけるため小学1年生にして退学させられてしまいます。

しかし、その後出会った「小林先生」に個性を認められ人生が変わり「黒柳徹子」さんという唯一無二の独創的な人物が生まれたのです。

※今すぐ視聴したい方はこちら※

映画「窓ぎわのトットちゃん」のサブスク配信サービス一覧

現在、映画「窓ぎわのトットちゃん」を視聴できるサブスク配信サービスは『U-NEXT』だけです。

また、DVDで視聴したい方は『TSUTAYA DISCAS』の利用を検討しても良いですね。

映画「窓ぎわのトットちゃん」の配信状況

サービス名配信状況お試し無料期間


詳細ページ
配信中配信見放題数
断トツのNo.1


31日間無料
無料視聴する

詳細ページ
なし独占配信作品が豊富
31日間無料
無料視聴する


詳細ページ
なし低価格で
配信見放題


無料期間なし
視聴する


詳細ページ
なしアニメ配信見放題数
NO1


30日間無料
無料視聴する


詳細ページ
なしフジテレビの配信
見放題


無料と有料プランあり
無料視聴する


詳細ページ
なし低価格で
配信見放題


無料期間なし
視聴する

詳細ページ
なし月額990円で
配信見放題


無料期間なし
視聴する

詳細ページ
なし低価格で
配信見放題


30日間無料
無料視聴する

詳細ページ
なし会員登録
世界2億3千人以上の
配信サービス


無料期間なし
無料視聴する

映画「窓ぎわのトットちゃん」の動画視聴は「U-NEXT」がおすすめ!【31日間 無料】

引用U-NEXT公式サイト

映画「窓際のトットちゃん」は『U-NEXT』で550円(税込)でレンタルができます。

残念ながら見放題ではありませんが、キャンペーンを利用すれば実質無料で視聴可能です。

初回限定の方に限り『U-NEXT』は600ポイントがプレゼントされるのでポイントを使うことで実質無料で視聴できるのです。

それだけでなく『U-NEXT』には31日間の無料期間や、1ポイント=1円で使えるポイントが毎月1,200ポイント貰えるなど、様々な特典があります。

登録や解約も簡単なので作品が気になる方はぜひお得なキャンペーンを利用して視聴してくださいね。

映画「窓ぎわのトットちゃん」の高評価の感想

まずここでは、映画「窓ぎわのトットちゃん」についての高評価の感想をご紹介します。

映画「窓ぎわのトットちゃん」芝居がすごい

これはすごい。内容レイヤーでも映像や芝居のレイヤーでも圧倒的なものがある。

とにかくモブの一人ひとりにいたるまできちんと芝居させていて、誰一人「背景」になってしまっていない。

非常に労力がかかっていることは間違いない。

子どもたち1人ひとりの動きにも個性があって、描き分けられているのがすごい。

映画.com

とっとちゃんの声優さんが素晴らしいね
徹子さんの自伝としてうん十年前のブームのころ読んだけどすっかり忘れていた
この時代の日本が好きだなぁ

映画.com

映画「窓ぎわのトットちゃん」のキャスト声優陣の演技が素晴らしかったという声が多く見られました。

特に、小林先生やトットちゃんの演技に圧倒された方がいらっしゃったようですね。

映画「窓ぎわのトットちゃん」アニメーションがキレイ

アニメーションがめちゃめちゃ綺麗だった

絵本みたいな絵柄が優しくてすごく可愛かった

トモエ学園の授業のやり方いいなあ
好きなことを自由にって

あと席も窓側を向いてたりぐちゃぐちゃでよかった

Filmarks映画情報 窓ぎわのトットちゃんの映画情報・感想・評価

映画「窓ぎわのトットちゃん」の作画や背景など、アニメーションの美しさを高く評価する声がありました。

映画「窓ぎわのトットちゃん」静かに心に響く感動作品

老若男女問わずに心に響く作品だと思います。

映画.com

子供の目線で、幸せな家庭や自由な気風の学校生活がやがて戦争によって蚕食されていく様子を丁寧に描いた大傑作だと思います。言葉では無く映像で言いたい事を示す演出法は、大げさに泣かせに来ることはないですが、実に心に染みる静かな感動を呼ぶ作品でした。

映画.com

号泣するというわけではなく、じんわりと心に染み入る、温かさや悲しみなど、映画「窓ぎわのトットちゃん」は見た人を静かに心を震わせる作品だったようです。

映画「窓ぎわのトットちゃん」とにかく泣けた

何がそんなに泣けたのかの言語化が難しい。
一つ一つのシーンの色彩の美しさに心が洗われたり、トットちゃんや泰明ちゃんをはじめとするトモエ学園の子どもたちの愛おしさや、その子達の等身大の姿に向き合ってくれる先生たちの姿に心が温まったり、その一方で彼らの日常を容赦なく破壊していく戦争の無慈悲さに腹が立ったり、とにかく感情が沢山揺さぶられたのかもしれない

Filmarks映画情報 窓ぎわのトットちゃんの映画情報・感想・評価

開始10分くらいから泣いてしまった。美術も俳優も凝った様々なアニメーション技法も素晴らしく黒柳徹子が密接に関わってできた映画だと感じる。
戦争反対のメッセージが今こそ伝わる名作。

Filmarks映画情報 窓ぎわのトットちゃんの映画情報・感想・評価

先述もしましたが、映画「窓ぎわのトットちゃん」は、涙を流してしまう視聴者の方が多くいました。

戦争のシーンだけでなく、様々な場面で視聴者それぞれのタイミングで心にくる瞬間があったようですね。

映画「窓ぎわのトットちゃん」たくさんの人に見て欲しい

映画館を出てから自分の車に乗り込むまでに、嗚咽がでそうなほど泣きたい感情に襲われた。
次の日はトモエ学園と小林校長先生について調べた。

この映画が金曜ロードショーで流れたら、きっと教育に革命がおきるぞ。

とにかく、早く映画館まで行ってみてきてほしい。

映画.com

あまりに素晴らしくて呆然としてしまった。最近拝見した映画、アニメの中で図抜けている。完璧に近いのではないか。子供大人問わず、沢山の人に見て欲しい。すべて忘れてもう一度見たい。何度も言うが完璧。

映画.com

“映画「窓ぎわのトットちゃん」を見て欲しい”という声がとにかく多かったです。

特に大人に見て欲しいという声が多くありました。

多くの人が「窓ぎわのトットちゃん」に触れて、様々なことに触れ、考えてみて欲しいですね。

映画「窓ぎわのトットちゃん」の高評価の感想まとめ

映画「窓ぎわのトットちゃん」の高評価の主な理由は以下になります。

映画「窓ぎわのトットちゃん」の高評価の感想まとめ
  • 芝居がすごい
  • アニメーションがキレイ
  • 静かに心に響く感動作品
  • とにかく泣けた
  • たくさんの人に見て欲しい

映画「窓ぎわのトットちゃん」は、比較的高評価の感想が多く、映画として高い評価を受けています。

アニメーションや背景、作画の美しさもさることながら、演じるキャスト陣の表現に圧倒された視聴者も多かったようです。

また、感情を揺さぶられ、静かに涙する方も多くいたみたいですね。

原作自体も名作と言われる黒柳徹子さん著の「窓ぎわのトットちゃん」ですが、原作を読んだことのない人も、映画「窓ぎわのトットちゃん」を見て、この作品に触れたことがきっかけで様々な感動や思いをいだいたようです。

“多くの人に見て欲しい”と、映画「窓ぎわのトットちゃん」を視聴した方が口々に言うほどに、映画「窓ぎわのトットちゃん」は多くのことを伝え、考えさせてくれる名作だということがわかりますね。

映画「窓ぎわのトットちゃん」の低評価の感想

次に、映画「窓ぎわのトットちゃん」についての低評価の感想をご紹介します。

映画「窓ぎわのトットちゃん」声優が上手すぎて物語に入り込みにくかった

声優の子供たちが上手すぎるからか、ヘンリーダーガーみたいな不気味さが漂っていて、中盤まで物語に入り込みにくかった。その不気味さが面白いとも言えるけど、作品の意図から完全にずれるところにあるので、ただ不気味だった。

戦争への行進を逆走する形で走り回る姿はとても感動的だった。

Filmarks映画情報 窓ぎわのトットちゃんの映画情報・感想・評価

映画「窓ぎわのトットちゃん」のこどもの声優キャストの演技について、上手すぎて逆に違和感を感じる視聴者がいたようです。

映画「窓ぎわのトットちゃん」時間の交錯で没頭しにくかった

知り合いからのすすめだったが、いまいちピンと来るシーンもなく、「泣いた」「感動した」というレビューを目にして、いったいどこの辺りが泣き所なのか私には不明。
作中の時間の流れが速くなったりゆっくりになったりするのも作品に没頭できない部分のひとつ。

映画.com

戦前から戦時下の描写がこどものトットちゃんの目線からの部分と現代の人から見た評価の部分が混在しているようで、映画の世界に没入しにくかった。

映画.com

映画「窓ぎわのトットちゃん」に限った話ではありませんが、劇中で現代と昔(メインストーリー)の時間が行ったり来たりしてしまうとわからなくなってしまうという方がいます。

映画「窓ぎわのトットちゃん」でも、その時間の交錯の演出が気になって、物語に没頭できなかった視聴者がいたようですね。

映画「窓ぎわのトットちゃん」原作を読まないと意図がわからない

正直に言うと良く分からなかったので原作読んでみて、やっと映画の意図が分かりました。
意欲作だとは思うんですけど、原作の改変が気になる。

Filmarks映画情報 窓ぎわのトットちゃんの映画情報・感想・評価

映画「窓ぎわのトットちゃん」は黒柳徹子さんの自伝的小説です。

原作を読んだことのない方の中には、映画「窓ぎわのトットちゃん」の意図がわからない、という感想もありました。

映画「窓ぎわのトットちゃん」キャラデザが合わない

もしかしたら、戦前の暗く重苦しい雰囲気を少しでも華やかに、という配慮でのキャラデザかもしれませんが、キツいですね…。
あと、子供たちの動きがなんだかひと昔前のアニメのようで、今の時代に観ると「子供ってこんな動きしないよね」と感じてしまいます。

背景キレイだなーと思っていたら、ジブリ映画で有名な男鹿さんでした。あと良かったのは、楽団員の方々のシャツの汗ジミでしょうか。

原作が好きなので観ない選択肢はなかったのですが、もう一度観ることはないと思います。

映画.com

華やかで明るくかわいらしいキャラクターデザインが、物語の内容とマッチしていないという意見もありました。

映画「窓ぎわのトットちゃん」の低評価の感想まとめ

映画「窓ぎわのトットちゃん」の低評価の主な理由は、以下のようなものでした。

映画「窓ぎわのトットちゃん」の低評価の感想まとめ
  • 声優が上手すぎて物語に入り込みにくかった
  • 時間の交錯で没頭しにくかった
  • 原作を読まないと意図がわからない
  • キャラデザが合わない

「キャラデザが合わない」「声優が上手すぎて物語に入り込みにくかった」「時間の交錯で没頭しにくかった」など、作品への違和感やわかりにくさが理由で評価が低い視聴者が見受けられました。

また、原作を知らず、内容の意図が掴めなかったために映画「窓ぎわのトットちゃん」がわからなかったという声も。

ただ、映画「窓ぎわのトットちゃん」について、低評価の感想を持つ方の中には、”〇〇〇のシーンが感動した”、”よくできた作品”、”原作を読んでみたい”など、低評価にとどまらず、同時に高い評価の感想を上げている方も多く見受けられました。

「自分には合わないけど、作品としてはいい」こんな気持ちなのでしょうか。

まだ映画「窓ぎわのトットちゃん」を見たことがない方は、一度視聴してみるのもいいかもしれませんね。

映画「窓ぎわのトットちゃん」のQ&A

引用U-NEXT公式サイト

映画「窓ぎわのトットちゃん」主題歌

映画「窓ぎわのトットちゃん」の主題歌は、あいみょんの「あのね」です。

映画「窓ぎわのトットちゃん」は実話?

映画「窓ぎわのトットちゃん」は実話で、トットちゃんは「黒柳徹子」さん、小林先生は「小林宗作」さん、トットちゃんの父親は「黒柳守綱」さん、トットちゃんの母親は「黒柳朝」さんです。

映画「窓ぎわのトットちゃん」は実際にあった「黒柳徹子」さんのお転婆な幼少期の物語です。また、変わった子供だったため小学校を1年生で退学になってしまいます。

そして、電車が教室という、これまた変わった「トモエ学園」に転校し、小林校長先生がトットちゃんの数々の問題行動を「個性」として受け入れ、トットちゃんの人生が大きく変わりだした物語です。

映画「窓ぎわのトットちゃん」の原作は?

映画「窓ぎわのトットちゃん」の原作は、1981年に講談社から出版された「柳徹子」による自叙伝「窓際のトットちゃん」です。

第5回路傍の石文学賞を受賞し、総発行部数は2500万部を超え、世界35ヶ国語に翻訳され、ギネス世界記録にも認定されている大ベストセラー作品です。

原作者の「黒柳徹子」さんは、1933年8月24日生まれ。日本の芸能界を代表する人物で、90歳を超えた今でも現役で活躍しています。


彼女は幼少期から子役として活動を始め、その後女優、エッセイスト、テレビ司会者として幅広い分野で成功を収めました。

特に1975年から続くトーク番組「徹子の部屋」の司会者として知られ、この番組は50年近く続く長寿番組となっています。


黒柳さんの特徴は、温かみのある話し方と聞き上手な姿勢です。ゲストの話を引き出す能力に優れ、時に鋭い質問を投げかけることでも知られています。また、独特のファッションセンスも彼女の魅力の一つです。

社会貢献活動にも熱心で、ユニセフ親善大使として世界中の子どもたちのために活動しており、教育や平和活動に積極的に関わっており、その活動は国内外で高く評価されています。

デビュー当初は、華やかな「白柳リリー」という芸名で活動したかったそうですがNHKの幹部の方に止められたそうです。

映画「窓ぎわのトットちゃん」なぜ窓際に立っている?

映画「窓ぎわのトットちゃん」でトットちゃんが窓際に立っている理由はいくつかあります。

1つ目は、トットちゃんは小学1年生で退学させられるほどの問題児であり、先生方から煙たがられる存在。リストラ予備軍の「窓際族」だったことが由来です。

トットちゃんは常に退学予備軍でした。

2つ目は、窓際の席で授業中に外を通りかかる「チンドン屋」を大声で呼び込んでいたからです。

チンドン屋とは、チンドン太鼓と呼ばれる楽器を「チンチン・ドンドン・チンドンドン」と鳴らし人目を集め、その地域の商品や店舗などの宣伝を行う日本の請負広告業の一種です。

授業中に外のチンドン屋を呼び込むために大声を出しては他の生徒も授業に集中できません。当時の先生はトットちゃんに手を焼いていたことでしょう。

トットちゃんは好奇心旺盛な性格のため窓際にいつもいたのかもしれませんね。

映画「窓ぎわのトットちゃん」小林先生はどんな人?

映画「窓ぎわのトットちゃん」に登場する小林先生は実在する人物で「黒柳徹子」さんの人生に大きな影響を与えました。

小林先生は、トットちゃんの小学校の校長先生で、トモエ学園という学校を運営しており、とてもユニークで思いやりのある先生として描かれています。

小林先生の特徴
  • 子供たちを大切にする
    小林先生は、一人ひとりの子供を大切にし、その個性や興味を尊重します。トットちゃんが前の学校で問題児とされた理由も、彼はしっかり理解し、彼女の個性を伸ばそうとしました。
  • 独特な教育方針
    トモエ学園は、通常の教室ではなく電車の車両を教室として使います。また、授業のカリキュラムも柔軟で、子供たちが興味を持ったことを自由に取り組めます。
  • 温かい心
    小林先生はとても心が温かく、子供たちだけでなく、保護者や教職員にも親しまれていました。どんな問題があっても冷静に対処し、常に前向きな姿勢で解決に取り組んでいたそうです。

長年「窓際のトットちゃん」が映像化されなかった理由は、小林先生を演じられる人がいないと「黒柳徹子」さんが許可を出さなかっただからそうです。

映画「窓ぎわのトットちゃん」はジブリ作品?関わりは?

映画「窓ぎわのトットちゃん」は温かみのある作風のアニメーション作品のためジブリ作品ではないかと思う方もおられますが、ジブリ作品ではありません。

「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」などを手掛ける「シンエイ動画」がアニメーションを制作しており、ジブリとの関わりはないです。

スタジオジブリの宮崎駿監督は児童文学が好きで、引退会見でも過去に児童文学から影響を受けて制作した映画があったと語られていたほどです。

さらに、スタジオジブリが「黒柳徹子」さんに映画化をオファーしたという噂があったり、もしかしたらスタジオジブリで映画化がされた可能性があったかもしれませんね。

映画「窓ぎわのトットちゃん」トットちゃんのパパとママの声優は?

映画「窓ぎわのトットちゃん」でトットちゃんのパパは「小栗旬」さん、ママは「杏」さんが声を演じました。

パパ役の「小栗旬」さんは、1982年に東京で生まれ、俳優一家の中で育ちました。彼の父親は舞台演出家であり、彼自身も幼い頃から芸能界に興味を持っていました。1998年にテレビドラマ「GTO」でデビューし、その後多くの作品で注目を浴びました。

彼の代表作には、「花より男子」「クローズZERO」「リッチマン、プアウーマン」などがあります。また、私生活では、女優の山田優さんと結婚し、家庭を築いています。

一方ママ役の「杏」さんは、1986年に東京で生まれました。父親は有名な俳優の渡辺謙さんで、彼女は早くからファッション業界に進み、モデルとして成功を収めました。その後、演技の道に進み、2007年にドラマ「天国と地獄」で女優デビューを果たしました。

彼女の代表作には、NHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」や「花咲舞が黙ってない」があります。

私生活では、俳優の東出昌大さんと結婚し、三児の母となりましたが、現在は離婚しシングルマザーとして海外で生活しています。

映画「窓ぎわのトットちゃん」興行収入は?

映画「窓ぎわのトットちゃん」の興行収入は約9.2億円、観客動員数は約71.4万人です。

アニメ映画が10億円でヒットと言われているので「ヒットした」と言えるのではないでしょうか。

ちなみに2023年度の映画興行収入のランキングは以下になります。

2023年興行収入ランキング
  1. THE FIRST SLAM DUNK:158.7億円
  2. 名探偵コナン 黒鉄の魚影:138.8億円
  3. 君たちはどう生きるか:88.4億円
  4. キングダム 運命の炎:56億円
  5. ゴジラ-1.0:55.9億円
  6. ミステリと言う勿れ:48億円
  7. 劇場版『TOKYO MER~走る緊急救命室~』:45.3億円
  8. 映画ドラえもん のび太と空の理想郷:43.4億円
  9. 「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ:41.6億円
  10. 劇場版アイドリッシュセブン LIVE 4bit BEYOND THE PERiOD:29.2億円

まとめ

映画「窓ぎわのトットちゃん」が視聴できる動画配信サービス、無料視聴方法について紹介しました。

映画「窓ぎわのトットちゃん」を無料で視聴したい方は『U-NEXT』に登録するのがおすすめです。

『U-NEXT』では映画「窓ぎわのトットちゃん」が1話につきレンタル550円で視聴できますが、初回登録時に600円分プレゼントされるので、実質無料で視聴できます。

また、映画「窓ぎわのトットちゃん」以外のアニメや映画も見放題。まだ登録していない方はぜひこのお得な機会に登録してみてくださいね。

※今すぐ視聴したい方はこちら※

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です