映画「首」どこで見れる?動画を無料視聴できるサブスク配信まとめ

このページには広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品/サービスを購入・登録することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

「北野武」監督の最新作「首」。誰もが知る「本能寺の変」を「北野武」監督独自の解釈で再構築された本作は、豪華俳優陣が集まったこともあり注目を集めました。

「映画「首」が無料視聴できる動画配信サービスが知りたい」

と悩んでいませんか。

本ページでは、どこで動画が視聴できるのか、無料視聴できる方法、サブスク配信サービスをまとめてみました。

公開日2023年11月23日
脚本北野武
原作北野武
製作KADOKAWA
出演ビートたけし
西島秀俊
加瀬亮
浅野忠信
大森南朋
中村獅童
撮影ロケ地山形県鶴岡市
この記事でわかること
  • 動画を視聴できるサブスク配信サービス
  • 無料視聴方法
  • あらすじ・感想

 映画「首」は、U-NEXTの無料トライアルで視聴できる

U-NEXT』では映画「首」がレンタル399円(税込)で視聴できますが、初回登録時に600円分プレゼントされるので、実質無料で視聴できます。

※今すぐ視聴したい方はこちら※

31日間以内の解約で0円【見放題】

>>U-NEXT公式サイト<<

本ページの情報は2024年5月20日時点のものです。

最新の配信状況は各動画配信サイトの公式ホームページにてご確認ください。

映画「首」のあらすじ

引用U-NEXT公式サイト

天下統一を掲げる織田信長は、毛利軍、武田軍、上杉軍、京都の寺社勢力と激しい戦いを繰り広げていたが、その最中、信長の家臣・荒木村重が反乱を起こし姿を消す。信長は羽柴秀吉、明智光秀ら家臣を一堂に集め、自身の跡目相続を餌に村重の捜索を命じる。秀吉の弟・秀長、軍司・黒田官兵衛の策で捕らえられた村重は光秀に引き渡されるが、光秀はなぜか村重を殺さず匿う。村重の行方が分からず苛立つ信長は、思いもよらない方向へ疑いの目を向け始める。だが、それはすべて仕組まれた罠だった。

果たして黒幕は誰なのか?
権力争いの行方は?
史実を根底から覆す波乱の展開が、
“本能寺の変”に向かって動き出す―

映画『首』公式サイト

「北野武」監督の最新作「首」は本能寺の変を独自の解釈で再構築したオリジナルの物語です。

監督自らが「羽柴秀吉」役として今回の映画も出演されていますよ。

「北野武」監督の最新作「首」は構想30年。戦国時代の常識をぶっ壊す本能寺の変を描いた物語です。

メインキャストには「北野武」監督に加え、「西島秀俊」さん「加瀬亮」さん「中村獅童」さん「遠藤憲一」さんら超豪華キャストが集結しました。

「加瀬亮」さんは「北野武」監督の「アウトレイジ」にも出演されていましたね。

※今すぐ視聴したい方はこちら※

31日間以内の解約で0円【見放題】

>>U-NEXT公式サイト<<

映画「首」のサブスク配信サービス一覧

現在、映画「首」は『U-NEXT』のみで配信されています。

DVDはまだ発売されていないので『TSUTAYA DISCAS』などでもまだレンタルはできません。

映画「首」の配信状況

サービス名配信状況お試し無料期間


詳細ページ
配信中配信見放題数
断トツのNo.1


31日間無料
無料視聴する

詳細ページ
なし独占配信作品が豊富
31日間無料
無料視聴する


詳細ページ
なし低価格で
配信見放題


2週間無料
無料視聴する


詳細ページ
なしアニメ配信見放題数
NO1


30日間無料
無料視聴する


詳細ページ
なしフジテレビの配信
見放題


無料と有料プランあり
無料視聴する


詳細ページ
なし低価格で
配信見放題


無料期間なし
視聴する

huluも視聴可
詳細ページ
なしHuluとディズニープラス
セットを月額1,490円

で楽しめる

無料期間なし
無料視聴する

詳細ページ
なし低価格で
配信見放題


30日間無料
無料視聴する

詳細ページ
なし会員登録
世界2億3千人以上の
配信サービス


無料期間なし
無料視聴する

映画「首」の動画視聴は「U-NEXT」がおすすめ!【31日間 無料】

引用U-NEXT公式サイト

現在『U-NEXT』では映画「首」が399円(税込)でレンタルできます。

見放題視聴できないのは残念ですが、初回無料登録の方には600ポイントプレゼントされるので、ポイントを使えば無料で視聴可能です。

また、31日間の無料お試し期間があるので映画「首」を視聴したあとも、ドラマやアニメなどまだまだ楽しめますよ。

さらに、本契約後は毎月1,200ポイントがプレゼントされるので、実質989円(税込)で利用できます。

また『U-NEXT』なら2024年の最新ドラマも見放題視聴できます。

当サイトには「アンチヒーロー」の配信状況などをまとめた記事があるので気になる方はぜひご覧ください。

「アンチヒーロー」どこで見れる?無料視聴できるサブスク配信情報まとめ

さらに『U-NEXT』は雑誌も読み放題。雑誌やマンガ、ラノベといった書籍が170誌以上の作品が読めます。

特に女性誌の取り扱い数が多いですよ。

登録・解約もスマホで簡単にできるので、まだ利用したことがない方は気軽に登録してみてくださいね。

映画「首」の高評価の感想

ここでは、映画「首」の高評価の感想をご紹介します。

北野監督ならではの風刺たっぷりなエンターテイメント作品

北野武監督作品らしい、という声が、映画「首」には寄せれ荒れていましt。

北野監督作品は「アウトレイジ」など、暴力的な映画のイメージが強いかもしれませんが、もともとエンターテイメントとして面白い映画作品も多くあります。

風刺を取り入れた皮肉さや、「アウトレイジ」のような迫力のある抗争シーンも、北野作品の魅力です。

映画「アウトレイジ」動画をフルで無料視聴できる配信サイトまとめ

予想外の角度からの描き方

北野武映画は、他の作品と少し視点が違うのも魅力のひとつ。

「え、そんなところを描くの?」という意外性が、面白さにも繋がっています。

シリアスなのに笑える

こちらも、北野監督作品の特徴ですね。

大笑いするというより、シュールさがジワッと笑える笑い。

シリアスなところはとことんシリアスで緊張感があるからこそ、笑える場面でより面白く感じてしまします。

俳優陣最高にかっこよかった!

映画「首」では、豪華俳優陣が勢ぞろいしまいた。

どの俳優も、主役級の俳優たちです。

また「アウトレイジ」でも馴染みのある役者たちが、映画「首」でも暴れていましたね。

映画「首」の高評価の感想まとめ

映画「首」への高評価の主な理由は、以下の内容でした。

映画「首」の高評価の感想まとめ
  • 北野監督ならではの風刺たっぷりなエンターテイメント作品
  • 予想外の角度からの描き方
  • シリアスなのに笑える
  • 俳優陣最高にかっこよかった!

北野監督ファンだけでなく、北野武監督作品を始めてみる方にも、有名な史実をもとに描かれた映画「首」は、エンターテイメント作品として楽しめたようでした。

ビートたけしならではの笑いと、北野武ならではの描き方が、北野作品の魅力です。

俳優陣も実力派の豪華役者陣が揃った映画で、視聴した方々からは高評価の感想が多く散見されました。

映画「首」の低評価の感想

ここでは、映画「首」の低評価の感想をご紹介します。

期待していたのと違った

ソナチネ」や「HANA-BI」「アウトレイジ」などのイメージが強い視聴者からは、もしかしたらちょっと違う感があったかもしれません。

また、ポスターや予告などでイメージを膨らませていたファンからも、期待していたものと違うと感じた様子でした。

俳優ビートたけしはミスキャスト

ビートたけしさんが演じていたのは、「羽柴秀吉」ですが、周りの登場人物たちとの年齢差が大きく、違和感を覚えた方も多かったようです。

短絡的な内容

首が転げ落ちまくるイジメっ子コントを延々と見せることで、お山の大将をめぐる権力争いがとことんバカげている様を描こうというコンセプトはわかる、わかるんだけど、権力をテーマにするにはあまりにも短絡的な戯画化だし、そのコンセプト以上に受け取れるものがないとわかってからも長いので、求めるものが違ったのだと思うことにした。

映画.com

風刺を描くには短絡的な内容だったという意見も見られました。

北野武作品コメディ要素があまり好きではない

毎度のことながら北野武作品は
ちょいちょい挟まれるコメディ要素があまり好きではなく今回もそれは同じ。
一度くらいガチガチにシリアスなものを撮ってみればいいのにとも思うがこれが北野…

北野武作品自体が好きでも、毎度挟まれるちょっとしたコメディ要素が苦手な方も見受けられました。

北野監督作品のシリアス描写や、映像美が好きな方にとっては、蛇足感があるのかもしれませんね。

映画「首」の低評価の感想まとめ

映画「首」の低評価の理由については、主に下記のような内容でした。

映画「首」の低評価の感想まとめ
  • 期待していたのと違った
  • 俳優ビートたけしはミスキャスト
  • 短絡的な内容
  • 北野武作品コメディ要素があまり好きではない

前評判や予告などから、事前にイメージしていたものと違い、期待と異なった内容だった、という声がありました。

BL要素があることに驚いていた視聴者もいましたね。

また、エンターテイメント映画としてではない北野監督作品を期待していた視聴者からは、短絡的な内容だったという意見もありました。

映画「首」は、北野武監督作品の激しさとシュールなコメディ面、意外性などを楽しめる方向きの映画なのかもしれませんね。

映画「首」のQ&A

引用U-NEXT公式サイト

映画「首」相関図

引用映画「首」公式サイト

映画「首」主人公は誰?

映画「首」の主人公は、羽柴秀吉を演じる「北野武(ビートたけし)」さんです。

今作は「北野武」さんが脚本・監督・主演を務めており、羽柴秀吉が物語の中心人物として描かれています。また、他の主要キャストには、明智光秀役を演じる「西島秀俊」さんや織田信長役を演じる「加瀬亮」さんがいます。

「北野武」さんは1947年1月18日生まれの東京都出身のお笑い芸人です。

1980年代のお笑いブームを作りあげ「THE MANZAI」「オレたちひょうきん族」で活躍されていました。

監督して活動を始めたのは1990年代からで、1993年に公開された「ソナチネ」は世界的に高い評価を受けました。

その後も1997年の「HANA-BI」でベネチア国際映画祭金獅子賞、2010年にフランス芸術文化勲章コマンドゥール、2016年にレジオン・ドヌール勲章オフィシエ、2018年に旭日小綬章を受章した経歴があります。

今は監督のイメージが強いですが、昔はお笑い芸人として一線で活躍されていましたよ。

映画「首」織田信長を演じたのは?

映画「首」で織田信長を演じたのは「加瀬亮」さんです。

「加瀬亮」さんは、1974年11月9日生まれ、神奈川県出身。シカゴ大学で国際関係論を学んだ後、演劇の道へ進みました。

映画「ハチミツとクローバー」(2006年)や「硫黄島からの手紙」(2006年)など、多くの映画やドラマに出演しており、その演技力で国内外から高い評価を受けています。

また、「北野武」さんの映画に出演するのはこれが初めてではなく「アウトレイジ」にも「加瀬亮」さんは出演しています。

映画「首」BL要素があった?

映画「首」にはBL要素があります。具体的には、織田信長・明智光秀・荒木村重の男同士の三角関係です。

物語序盤で織田信長が荒木村重に対して、刀に刺した饅頭を口に入れ食べさせ忠誠心を試します。

荒木村重が饅頭を食べると織田信長はなんと口の中で刀を動かし口の中を切り付けますが、荒木村重は食べ続けます。

その忠誠心の高い光景を見届けた織田信長は荒木村重の血まみれの口にキスをするのです。

血まみれの男同士のキスはBL要素がありますね。

織田信長と荒木村重の二人はBLの関係でしたが、実は荒木村重は明智光秀とも体の関係があります。

荒木村重はのちに織田信長を裏切り追われる立場になりますが、明智光秀は荒木村重をかくまい逢瀬を続けます。

お馴染みの織田信長と森蘭丸のBLシーンもありますよ。

映画「首」年齢制限はある?

映画「首」の年齢制限は「R15+」なので、15歳未満の観客が視聴できません。

暴力シーンやショッキングな内容が含まれているため、このような年齢制限が設けられています。

具体的には、戦国時代のリアルな戦闘シーンや残酷な処刑シーンです。

映画「首」原作は?

映画「首」の原作は北野武監督自らが書かれた小説「首」です。

KADOKAWAより2019年12月20日に出版されました。

原作から全て「北野武」監督が携わっている作品です。

映画「首」興行収入は?

映画「首」の興行収入は9.9億円です。

「北野武」監督にとって19作品目となる本作は、興行収入10億円を突破することができず、前作「アウトレイジ最終章」(2017年公開)の15.9億円には届かない結果となりました。

「北野武」監督自身が30年構想したという壮大なスケールの作品でしたが、観客動員数を伸ばすには至らなかったようです。

映画「首」いつまで上映している?

映画「首」は2023年11月23日に公開されましたが、現在どこの映画館でも上映されていません。

「北野武」監督の映画は毎回人気なので、新しい映画を撮影されたときなどに復活上映があるかもしれませんね。

それまで待ちきれない方には『U-NEXT』の利用がおすすめです。

初回登録の方に限り31日間の無料期間と600ポイントがプレゼントされるので映画「首」を無料で視聴できます。

北野武監督の映画ランキング

「北野武」監督の映画の興行収入ランキングは以下になります。

「北野武」監督の映画ランキング
  1. 座頭市(2003年9月6日公開):28.5億円
  2. 龍三と七人の子分たち(2015年4月25日公開):16億円
  3. アウトレイジ 最終章(2017年10月7日公開):15.9億円
  4. アウトレイジ ビヨンド(12年10月6日公開):14.5億円
  5. 首(2023年11月23日):9.9億円
  6. BROTHER(2001年1月27日公開):8.9億円
  7. その男、凶暴につき(1989年8月12日公開):7.8億円
  8. アウトレイジ(2010年6月12日公開):7.5億円
  9. Dolls(2002年10月12日公開):6.3億円
  10. 3-4X10月(19990年9月15日公開):2.3億円
  11. ソナチネ(1993年6月5日公開):0.8億円

一部「北野武」監督の作品は興行収入が不明の作品があります。

映画「首」は残念ながら興行収入10億円を突破できず第5位のランキングとなりました。

「北野武」監督の代表作「座頭市」はやっぱりダントツで1位の興行収入ですね。

まとめ

映画「首」が視聴できる動画配信サービス、無料視聴方法について紹介しました。

現在、映画「首」は『U-NEXT』のみで配信されています。

DVDはまだ発売されていないので『TSUTAYA DISCAS』などでもまだレンタルはできないため『U-NEXT』を利用する必要があります。

現在『U-NEXT』では映画「首」がレンタル399円(税込)で視聴できますが、初回登録時に600円分プレゼントされるので、実質1話無料で視聴できます。

無料期間終了後は基本料金2,189円(税込)で利用でき、毎月1,200ポイントがプレゼントされるので、実質989円(税込)で利用可能です。

また、登録・解約もスマホで簡単にできるので、まだ利用したことがない方はこのお得なキャンペーンが開催中の間に登録してみてくださいね。

※今すぐ視聴したい方はこちら※

31日間以内の解約で0円【見放題】

>>U-NEXT公式サイト<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です